So-net無料ブログ作成
検索選択
道交法ニュース ブログトップ

道路交通法改正!9月1日施工!「環状交差点」 [道交法ニュース]


2014年9月1日施工の改正道路交通法に「環状交差点」の通行ルールを定めた
交通法があります。

環状交差点では、

 

・左折等するときは、あらかじめその前からできる限り道路の左側端に寄り、かつ、

 できる限り環状交差点の側端に沿って徐行しなければなりません。

・車両等は、環状交差点内を通行するほかの車両等の進行妨害をしてはいけません。

・環状交差点に入ろうとするときは、徐行しなければなりません。

 などの交通方法が定められました。

環状交差点.gif

<http://www.jtsa.or.jp/new/koutsuhou-kaisei.html>より引用

「環状交差点」とは「ラウンドアバウト」とも言い、欧米で普及している信号がいらない交差点です。


長野飯田市にて運用が始まっています。
中央の円形地帯に沿った環状道路(ロータリー)を車両が時計回りに進み、
目的の道路へ抜け出る方式です。

このラウンドアバウト交差点って、すごいメリットがあるんです!


信号機が必要ないので、意味なく待たされることがなくなる
速度を抑え、正面でぶつかることがなくなり、
  視認性がよくなるので事故リスクが減る
・右左折のための専用車線がいらなくなるので、
  その分車線を増やし渋滞を減らせる。
・停電しても交通に支障がない。
・低コストでの導入・維持管理が可能になるので、経費が安くなる。
・電力の無駄がなくなり、しかも二酸化炭素の削減につながる。

たくさんのメリットがりますが、デメリットもありました。
都市部の交差点には向いていない。
 交通量が多い交差点ではかえって渋滞につながることもあるといいいます。

これから日本での普及が待たれます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
道交法ニュース ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。